予備校で学び、目標の学校に進学

どうしても行きたい大学がありました

将来やりたい仕事があり、どうしても行きたい大学がありました。
合格するためにはかなりの学力が必要になる大学で、知名度も高いため他の受験生に人気もある学校です。
小学校から中学、高校の一年生ぐらいまで元々は運動系の部活ばかりをやってきたので、勉強の仕方などがまったく判りませんでした。
書店で参考書などを買い込んで勉強してみましたが、そもそも勉強の仕方自体が判っていないのでどうしたらいいのか判らず、机に向かって唸っているうちに飽きてしまいます。
そうするとスマートフォンなどでついゲームに現実逃避して、勉強が進まないまま時間だけが潰れる日が続きました。
3年生になると友人もみんな部活をやめて勉強を始めます。
集中している様子を見ると、このままではいけないと気が焦りました。
進学したい大学は合格圏外から遠く、このまま自習を続けていても受かりません。
そこで父と母に相談してみたところ、お金はかかってもいいから自分の勉強スタイルに合った予備校を探して行ってみるように勧められました。
父が進学校の出身で、高校時代は予備校に通っていたこともあり、良さそうなところをいくつかピックアップしてくれました。

どうしても行きたい大学がありました | それぞれの予備校の良さ | 自分の将来のためにも