予備校で学び、目標の学校に進学

自分の将来のためにも

ほかの生徒も一緒に授業を受けて、進学を目指していることを考えるとライバル意識のようなものも湧いて、いっそう勉強に身が入るようになりました。
進学を目指しているのは自分だけではなく、行きたい学校があるからみんな頑張っているのです。
高校が終わったあとに予備校で学ぶのは体力的には少し疲れることもありましたが、それ以上に得るものが多く、一緒に学ぶ友人まで作ることができました。
万全のフォロー体制で勉強を続けることによって、目標だった大学に合格できた日には、大喜びで講師にも報告してしまいました。
父や母も喜んでくれましたし、先生もとても喜んでくれたのが印象的で嬉しかったです。
勉強は面倒なものだとばかり思っていましたが、自分の将来のためにも頑張ってみた甲斐がありました。

どうしても行きたい大学がありました | それぞれの予備校の良さ | 自分の将来のためにも